アイデアを集める

アイデアを集める

2世帯住宅の検討

2世帯住宅の家には、玄関を別にして廊下がつながっている家や同じ敷地内に孤立した2件の家があるスタイルもあります。
もちろん、同じ家の1階と2階で分けている家もあれば、1室のみ高齢者の両親の部屋、ということもあります。
高齢化になるとちょっとの段差も足の負担になり、つまづくと骨折につながることがあります。
骨粗しょう症になっていることも多いのでなかなか回復できないこともあります。
事故を防ぐためには、なるべくバリアフリーにしておくといいでしょう。
骨折をしてしまったり、足が悪いと車いすになることが多いです。
車いすでは、狭い入口だと出入りしにくいことがあります。
車いすになることを想定して部屋の出入り口を設計するとのちのち困りません。
車いすなどでい移動するので部屋自体は和室というより、フローリングなどがいいでしょう。
ベッドを置くときも畳がへこむなどの心配がいりません。
また、トイレも広くしておくと介護をするときにも狭くて困るということがありません。
また、高齢者が使うスペースなどには手すりを付けておくと安心です。
トイレの立ち上がりや廊下につけておくと、一人でも行き来ができます。
工務店では、自由設計をしてくれるところがあります。
バリアフリーについて相談すると、丁寧に対応してくれるでしょう。
そのほか、使い勝手のいいインテリアなどのアドバイスもしてもらえます。
事前に、工務店からカタログなどを請求しておくこともできます。
Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.