アイデアを集める

アイデアを集める

高齢化に対処する

高齢化社会に伴い、2世帯住宅にする家が増えてきています。
2世帯となると、今までちがった習慣で生活をしてきた家族が同じ敷地内に住むことになります。
最近の傾向では、一つの家に住むというより、同じ敷地内に離れのようなものを造ったり、家はつながっているものの玄関は別といったスタイルの住宅があります。
また、高齢者に合わせて平屋の大きな家を造るところもあります。
平屋であれば、天井を高くして、ロフトにすれば、簡単な2階ができますので、収納にも、簡易的な子供部屋にも困りません。
高齢化してくると、階段の昇り降りは本当にきつくなってきます。
人によっては足が悪くなってきますので、車いすが必要になるかもしれません。
家は、遠い将来を見通して、バリアフリーにしておくと安心でしょう。
車いすにとっては、ちょっとの段差も大きなつまづきの原因になります。
転んでは大けがのもとにもなりますし、車いすで転んだ場合は起き上がれなくなります。
2世帯の場合の部屋の造りも気になるところでしょう。
高齢者は和室を好む傾向にありますが、和室では、ベッドを置くのが困難になります。
寝たきりなどになるとベッドの方がなにかと便利です。
当事者にとっても体の負担が少なくて済むようです。
なるべくなら洋室にしておくといいでしょう。
洋室でも簡易的な畳を敷いておくことができますので、ベッドの部分はフローリングなどにして、他のスペースを簡易的な畳やご座にしておくこともできます。
Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.