アイデアを集める

アイデアを集める

二世帯住宅と親の老後

家作りをする際に考えることのひとつとして親との生活。
両親どちらかが先に旅立ちその後の老後生活を一人で過ごさせるのはと心配する人も多いと思う。
また両家どちらの親をみることにするのかもまた難しい選択ではあるお互いの兄弟構成に始まり生活拠点になる地域、仕事などそんなに簡単には決めることのできないのがこの問題の難しいところである。
周りを見ていても親との老後生活について色々な形があるのだと思う。
二世帯住宅で一番オーソドックスなスタイルが一軒に2世帯で暮らすスタイル。
玄関を2つに分けて完全にそれぞれの空間を保つスタイルが人気ではあるが土地の広さなども重要となる。
またリビングは共有で若夫婦の為に小さなキッチンを用意するというおうちもある。
はたまた母と娘が実の親子の場合はキッチンも完全共有というおたくもある。
こういった二世帯住宅はプライバシーの問題や義親子の関係性などが問われ敬遠されがちなスタイルではある。
しかしながら同じ家に祖父母がいるという暮らしは孫世代の成長においてはとても豊かなライフスタイルであることは間違いない。
他にあげられるスタイルとしては敷地内に一軒家をそれぞれ建てる俗に言うみそ汁の冷めない距離というものもある。
あとは若いうちはそれぞれに暮らし、子育てが終わってから同居を始めるというスタイルもある。
いづれにしても、その家庭それぞれのタイミングで大きく変わる親との関わり合い。
さけて通れないこの問題を早い段階から家族みんなで意見交換しておくことが大切であるかと思う。
Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.