アイデアを集める

アイデアを集める

まとめて工事をしてもらう

スケールメリットという言葉があります。
これは仕入れる量が多くなると、その分一つ当たりの仕入れ単価が下がることを表します。
それで、仕事を発注するときは、まとめて頼むのが価格を抑える一般的な方法です。
これは住宅の維持管理にも当てはまる考え方です。
住宅は住んでいるうちに、徐々に修理が必要になってきます。
マンションではなく一戸建ての場合は、維持管理のための修繕費も自己負担になります。
それで、なるべく計画的に修繕を行う必要があります。
何度にも分けて工事をするよりも、工事をまとめたほうがいいのはなぜでしょうか。
一つには、足場代が余計にかかるという理由があります。
外壁の張り替え工事や、外壁の塗り替え工事では、足場を組んで作業をすることが一般的です。
また屋根周りの作業でも、足場を組んで作業をしてもらうケースが多いでしょう。
ここで関係してくるのが、計画的な修繕です。
問題が起きたときや、思い立った時に修繕を行うと費用が無駄にかかるのです。
外壁や屋根関係の作業では、足場が要ります。
それらの工事を別々の時期に行うと、足場が毎回必要になります。
そのたびに安くはない費用を支払うことになります。
しかし、足場がいる工事をまとめて行ってもらうならばどうでしょうか。
足場に支払う費用を一度で済ませることが出来ます。
それで、家の修繕に関してあらかじめ先のことを考えて計画を立てる必要があります。
それでかなりの費用が節約できるからです。
Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.