アイデアを集める

アイデアを集める

落とし穴に御用心!

中古住宅には、思わぬ「落とし穴」があります。
購入価格が安いのが中古住宅の最大の魅力ですが、価格の安さだけに目を取られて飛びついたら「落とし穴」に落ちることもあります。
その「落とし穴」とは?実際に住んでみたら欠陥住宅だった…とか、近隣トラブルに巻き込まれた…などが挙げられます。
そんな「落とし穴」に落ちてしまわないように、中古物件を購入する時には注意したい事があります。
まずは、何故、売りに出ているか?と言う事です。
以前に住んでいた人の事情もあるでしょう。
ですが、折角手に入れた念願の「マイホーム」を手放さなければならなくなったのか?その理由をまず知る事です。
次は、築年数が経っている場合には、メンテナンスがきちんとされているかの確認をします。
実際に、水道やトイレを使って見るのも良い方法です。
築年数が古い物件は排水に問題がある事が多いのです。
出来れば、設置されている設備は一度使って見る方が良いでしょう。
又、売主が個人か?不動産会社か?も必ず確認しておきましょう。
中古マンションの場合は管理費についてきちんと確認してください。
マンションの維持管理に対して適切な積立がなされているかどうか?です。
不具合が起きた時に、臨時徴収がされているようなマンションは問題です。
中古住宅を購入してリフォームを考えている人は、リフォームしやすいか?ローンの借り入れができるか?など確認しておきましょう。
最後に、仲介する不動産会社が信頼できるかどうかも確認しておきましょう。

おすすめリンク

Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.