アイデアを集める

アイデアを集める

中古住宅に対する不安

大変メリットの多い「中古住宅」にも、やはりデメリットはあります。
そのデメリットを具体的に挙げて見ましょう。
「中古住宅」は以前に人が住んでいた為に、傷や汚れがあります。
以前に住んでいた人の生活の名残があるのです。
ですが、小さな子供さんのいる家庭では、子供さんが傷をつけたり汚したりしても平気です。
必要以上に神経質にならず、大らかな気持ちで子育てが出来るかも知れません。
次には、メンテナンス費用が早期に発生する可能性があります。
外壁や屋根などが考えられます。
又、見えない部分の建物の構造に不安を感じます。
購入する際には不動産会社の担当者から、ある程度の説明はあるはずです。
ですが目に見えない部分に関しては、どうしても不安は付き物です。
中古住宅にはアフターフォローの体制が整っていない事も多くあります。
新築の場合は一般的には10年保証がありますが、中古住宅には殆んどと言っていい位に保障制度は無いのです。
更に、築年数が古ければ古いほど台所やお風呂場などの設備が古い場合が多くあります。
場合によってはリフォームが必要になってしまいます。
地震の多い日本では、耐震性能が気になります。
建築時期によっては不安を感じます。
購入する際に、住宅ローンの借り入れをする人にとっては審査が新築住宅よりも厳しくなります。
その理由は、私には良く解りません。
新築よりも購入価格が安いのだから、借入額も低くなるので審査が通りやすいと思うのですが。
想像以上のデメリットが多くて少し驚きます。

おすすめリンク

Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.