アイデアを集める

アイデアを集める

中古住宅のメリット

一昔前までは「住宅」と言えば「新築」でなければならない…と言うような風潮が日本にはありました。
外国では中古住宅が主流なのですが、何故か日本人には新しい物にこだわりがあるようです。
ですが、近年「中古住宅」は注目され需要が増えています。
その魅力を探ってみたいと思います。
「中古住宅」の最大のメリットは、価格の安さです。
一体どれ位安いのかと言うと、新築の注文住宅や分譲住宅に比べて約1000万円安く購入する事が出来ます。
約1000万円安くで購入した「中古住宅」をフルリフォームする費用は500万円〜700万円です。
結果、新築同様にリフォームした中古住宅は、新築の約8割位の価格で購入出来ると言う事になります。
とにかく費用面ではお得感満載なのです。
「中古住宅」を購入する場合、一般的には出来るだけ築年数の新しい物件が良い!と言われています。
実際に、そう思っている人も多くいます。
ですが、築年数の古い物件にもメリットはあります。
それは何か?と言うと、敷地や建物が大きい事です。
広々とした物件が多く、ゆとりのある造りになっています。
広々としたゆとりある構造の住宅は、住む人の心にもゆとりを与えてくれるのです。
又、「中古住宅」の供給率は年々増加しています。
と言う事は、中古住宅市場が活性化していると言う事です。
更に、中古住宅にも税制優遇制度措置が取られるようになりました。
中古住宅購入費用とリフォームの費用を合わせた、融資も今後は実現される可能性が大きいとも言われています。

おすすめリンク

Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.