アイデアを集める

アイデアを集める

人が住宅について考える時

人は皆、生まれながらにして「住む家」があります。
病院で生まれた赤ちゃんは、健康であれば1週間もすれば「家」に帰ります。
そして大人は仕事を終えると家に帰り、子供は学校が終わると家に帰ります。
人は皆、生活の拠点は「家」であると言う事です。
そんな風に改めて考えると、帰る家がある事は大変ありがたい事だと実感します。
子供の頃、大きな家に住む友達を羨ましいと思っていました。
でも「狭いながらも楽しい我が家」で家に帰ると両親がいて一番安心出来る場所でした。
子供の頃は「家」はあって当然の物でした。
住宅について考えたなんてありませんでした。
人は一体どんな時に「住宅」について考えるのでしょうか?一番最初に「住宅」について考えるのは、親元を離れ進学や就職を考える時です。
親元を離れた場所に進学や就職が決まった時に、まず最初に考えなければならないのは「住宅」です。
住む場所を確保する事が一番に優先されます。
その場合、寮や社宅と言う選択肢もありますが、より快適に生活できる「住宅」探しに躍起となります。
次に「住宅」について考えるのは、人生の最大イベントである結婚です。
新しい人生のスタートにふさわしい「住宅」です。
出産を機に「住宅」を考える人も多くいます。
可愛いわが子がすくすくと成長できる「住宅」、安心して子育て出来る「住宅」が必要になるのです。
やがて子供が巣立って行くと、自分達の老後や、年老いた両親が安心して暮らせる「住宅」について考えます。
人生の節目節目で、人は住宅について考えるのです。

おすすめリンク

Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.