アイデアを集める

アイデアを集める

工務店の仕事内容

朝刊の折り込み広告を見るのが、私はとても好きです。
気になるのはスーパーの特売です。
その次に気になって、ついつい見入ってしまうのが「工務店が建てる家」の広告です。
工務店独自のこだわりがあって、ついつい時間を忘れ見入ってしまいます。
ちなみに「工務店」はビルや住宅などの建築を請け負う業者や会社の事です。
住宅を建築する場合、真っ先に思い付くのは住宅メーカーです。
例えば「積水ハウス」など…が思い浮かびます。
ですが住宅メーカーに建築を依頼しても、多くの場合は依頼した住宅メーカーは下請けの工務店に建築を依頼する事が多いのです。
実際に以前に私がマイホームを建てた時の事です。
契約は全て住宅メーカーでした。
ですが実際の建築は地元の工務店でした。
それならば最初から工務店に依頼した方が良かったかも?知れません。
工務店のメリットは地域密着型が多く融通が利く事です。
工務店と言えば、私のイメージとしては昔ながらの職人さんが働いていると言う印象があります。
例えば、大工さん・左官屋さんなど…腕は良いが、ちょっと口うるさくて…職人気質の人が多い。
ですが近頃では若い世代が多く、昔堅気の職人さんは見かけなくなりました。
それが良いのか悪いのかは解りません。
時代の流れと言うのでしょうか?そして工務店は、営業から設計・資材調達・施工管理・完成まで全てが仕事内容です。
住宅を建てる時には地元の工務店に依頼するのも良いかも知れません。

おすすめリンク

Copyright (C)2017アイデアを集める.All rights reserved.